武蔵野陽和会病院 広報部 2016年07月25日

むさしの陽和会だより 48号目次

医療・介護サービスの提供について 

 事務部長 日向 登

 平成28年度の診療報酬の改定が4月から実施され、具体的な影響が出始めています。全体の改定率は、医科では診療行為本体が+0.56%、薬価・診療材料が▲1.33%とされていますが、病院の体制、規模、診療科、診療内容等によりその影響は異なります。

泌尿器科の低侵襲治療について 

 日本泌尿器科学会認定の指導医3名に加え、多数の非常勤の専門医によって、低侵襲治療をテーマとして日々努力しています。

部門紹介 “薬剤科”

 私たち薬剤科は、患者様や病院スタッフの方々が、薬を安全・確実に服用・使用できるようにと願って日々仕事をしています。

梅雨から夏に増える食中毒 

 東京都の昨年(平成27年)の食中毒発生状況によると、夏場の食中毒は6月の梅雨頃から9月にかけて発生件数が増加しています。

虫歯菌をそのまま放置することは非常に危険! 

 虫歯菌は、血管を通って脳や全身に移動することが可能です。虫歯を放置すると、次第に歯は溶けていき、最後には歯を支えている骨にまで虫歯菌が到達します。

シリーズ  在宅でのリハビリについて ⑧ 

 今回は、片麻痺の方のベッド上での介助方法について紹介します。

健康教室を開催しました 

 今回は「身体介助のポイント」と題し、理学療法士が起き上がりや乗り移りの方法についてお話をしました。